ドリル削孔調査 ファイバー・スコープ事例 | 調査事例 | ジオメンテナンス株式会社 | 地中の調査(物理探査・空洞調査)のスペシャリスト。最先端の調査技術とノウハウで多様な調査ニーズに迅速に対応。 | 千葉県習志野市

文字の大きさ

ドリル削孔調査 ファイバー・スコープ事例

ドリル・FS事例本文今回は、ドリル削孔調査及びファイバー・スコープ事例について紹介します。

調査対象

  • 道路路面下空洞

調査手法

  • ドリル削孔調査
  • ファイバー・スコープ観察

調査結果

 ドリルによる削孔調査は主に空洞やゆるみなどを対象に実施します。

 今回の事例では路面下の空洞を目的として実施しましたが、この調査には他にもコンクリートや砕石等あらゆる場面において迅速に対象物を確認できるという利点があります。

削孔径も20mm程度で、削孔後にはほとんど目立つ事なく補修ができます。
また、削孔穴を利用してファイバー・スコープを使用する事で、被り背面の状況や空洞底面の状況等を静止画及び動画で記録する事ができます。



case_FS画像1 case_FS画像2
ファイバー・スコープ画像
関連するページ
このページのキーワード。関連情報をチェックできます。
ドリル削孔 , ファイバースコープ観察 , 地中レーダー探査 , 空洞調査 , 路面下空洞調査 , 道路

お問い合わせ電話番号は 047-470-8550(代表)・お問い合わせフォームはこちら

バッテリー式コア削孔。発電機不要のコンパクトなコアボーリングマシンを自社開発。

ジオメンテナンスが選ばれる理由