熱赤外線探査事例 | 調査事例 | ジオメンテナンス株式会社 | 地中の調査(物理探査・空洞調査)のスペシャリスト。最先端の調査技術とノウハウで多様な調査ニーズに迅速に対応。 | 千葉県習志野市

文字の大きさ

熱赤外線探査事例

熱赤外線探査事例・メイン画像熱赤外線探査の事例をご紹介します。

今回の調査では、コンクリート構造物の表面剥離を探査することが目的でした。

熱赤外線探査事例・詳細画像1
熱赤外線調査を構造物に利用することにより、コンクリートの表面剥離の探査が可能です。

打音調査でも剥離調査は可能ですが、今回のように人の手が届かない高所の場合、遠方から探査できる熱赤外線調査は特に有効な手段といえるでしょう。

右の画像をご覧いただくと、構造物表面の温度差があることが視覚的に把握でき、表面剥離が表れていることが顕著に分かります。


近年では、吹付法面の老朽化に伴う崩壊及び剥落による災害が増加しており、2011年の東日本大震災の発生と相まって、熱赤外線探査による診断ニーズはさらに高まっています。

関連するページ
このページのキーワード。関連情報をチェックできます。
熱赤外線調査

お問い合わせ電話番号は 047-470-8550(代表)・お問い合わせフォームはこちら

バッテリー式コア削孔。発電機不要のコンパクトなコアボーリングマシンを自社開発。

ジオメンテナンスが選ばれる理由