鉄筋コンクリートの背面空洞調査(その2) | 調査事例 | ジオメンテナンス株式会社 | 地中の調査(物理探査・空洞調査)のスペシャリスト。最先端の調査技術とノウハウで多様な調査ニーズに迅速に対応。 | 千葉県習志野市

文字の大きさ

鉄筋コンクリートの背面空洞調査(その2)

鉄筋背面空洞調査(本文)今回は地中レーダー探査による鉄筋コンクリート裏側の空洞探査事例です。

調査対象

トンネル(新設)、港湾、樋管・樋門、鉄筋構造物全般。

使用した調査手法

  • 地中レーダー探査

調査結果

 鉄筋コンクリート背面空洞を探査することは地中レーダー探査にとって最も困難な事柄の1つです。
新設トンネル等においても鉄筋コンクリートを使用する場面が多々あり、その背面の情報(空洞)を把握することは困難でした。
弊社の所有するアンテナは構造物のある一定の条件をクリアすれば、鉄筋コンクリート背面の空洞を探査することが可能です。

 下図は鉄筋コンクリート背面空洞の場合の探査記録のご紹介です。
鉄筋ピッチは概ね20cmでコンクリート厚は40cm程度です。

鉄筋背面空洞調査画像

関連するページ
このページのキーワード。関連情報をチェックできます。
トンネル , 地中レーダー探査 , 樋管 , 樋門 , 港湾 , 空洞調査 , 背面空洞 , 鉄筋コンクリート , 鉄筋構造物

お問い合わせ電話番号は 047-470-8550(代表)・お問い合わせフォームはこちら

バッテリー式コア削孔。発電機不要のコンパクトなコアボーリングマシンを自社開発。

ジオメンテナンスが選ばれる理由