トンネルレーダー探査 (横断計測編) | 調査事例 | ジオメンテナンス株式会社 | 地中の調査(物理探査・空洞調査)のスペシャリスト。最先端の調査技術とノウハウで多様な調査ニーズに迅速に対応。 | 千葉県習志野市

文字の大きさ

トンネルレーダー探査 (横断計測編)

トンネルレーダー横断_本文今回はトンネルレーダー探査においてアーチ部および側壁部を横断方向に測定した場合のレーダー探査記録のご紹介です。

調査対象

道路トンネル、導水路トンネル。

使用した調査手法

  • 地中レーダー探査

調査結果

トンネルレーダー横断_画像
 一般的なトンネルレーダー探査(覆工厚調査および空洞調査)の走査方向はトンネル軸方向と同方向に探査を行います。
その探査記録から異常反応(空洞)のある位置においてアーチに沿って横断方向に探査することにより空洞の大きさや分布を把握し補修工事の基礎資料を得ることが出来ます。

今回はその横断記録と横断記録をトンネルアーチ形状に変換した時のサンプル例をご紹介いたします。
変換後の画像から空洞は スプリングライン(S.L)より上側に存在すること や 空洞イメージ が把握できます。

関連するページ
このページのキーワード。関連情報をチェックできます。
コンクリート背面空洞 , トンネル , レーダー探査 , 健全度調査 , 空洞調査

お問い合わせ電話番号は 047-470-8550(代表)・お問い合わせフォームはこちら

バッテリー式コア削孔。発電機不要のコンパクトなコアボーリングマシンを自社開発。

ジオメンテナンスが選ばれる理由