建屋基礎杭の杭長調査 | 調査事例 | ジオメンテナンス株式会社 | 地中の調査(物理探査・空洞調査)のスペシャリスト。最先端の調査技術とノウハウで多様な調査ニーズに迅速に対応。 | 千葉県習志野市

文字の大きさ

建屋基礎杭の杭長調査

建屋杭長_本文今回は磁気検層とボアホールレーダー探査を組み合わせ、建屋の耐震改修の資料として、基礎に使われている杭の長さ確認をした記録のご紹介です。

調査対象

建屋基礎杭。

使用した調査手法

  • 磁気検層(鉛直磁気探査)
  • ボアホールレーダー探査

調査結果

建屋杭長_画像 設計図面を元に建屋外周に削孔された探査孔に、ゾンデ(センサーを付けた探知器)を入れて探査を行います。

今回は、金属が作る磁界に反応する磁気検層と、電磁波の反射によって対象物を調べるボアホールレーダー探査を行いました。

 磁気検層では波形のピークである5.0m。
ボアホールレーダー探査では反射画像の先端として5.8mと判断しています。
磁気検層とボアホールレーダー探査で違いがでるのは、磁気検層が反応するのは杭内部にある鉄筋が作る磁界に反応しているためです。
ボアホールレーダー探査は杭側面に当たった電磁波の反射を捕らえているため、2つの探査を比較した場合、ボアホールレーダー探査の方が若干深く(長く)なります。

関連するページ
このページのキーワード。関連情報をチェックできます。
ボアホールレーダー探査 , 基礎杭 , 杭長調査 , 磁気検層

お問い合わせ電話番号は 047-470-8550(代表)・お問い合わせフォームはこちら

バッテリー式コア削孔。発電機不要のコンパクトなコアボーリングマシンを自社開発。

ジオメンテナンスが選ばれる理由