橋梁床版鉄筋探査 | 調査事例 | ジオメンテナンス株式会社 | 地中の調査(物理探査・空洞調査)のスペシャリスト。最先端の調査技術とノウハウで多様な調査ニーズに迅速に対応。 | 千葉県習志野市

文字の大きさ

橋梁床版鉄筋探査

橋梁鉄筋探査_本文今回は地中レーダー探査(高周波)による、昭和41年に施工された道路橋の床版鉄筋探査の調査事例です。

調査対象

コンクリートT桁橋の床版鉄筋。

使用した調査手法

  • 地中レーダー探査(高周波)

調査結果

橋梁鉄筋探査_続き 施工後50年以上経過した橋梁の床版鉄筋腐食調査のために鉄筋探査を実施しました。

橋面アスファルト上から床版の鉄筋位置を確認することにより、アスファルトの撤去範囲が極力少なくすることができます。

 高周波の地中レーダ探査機を使用することで 5cm程度 のアスファルト下面の床版コンクリート内鉄筋位置を正確に把握する事が出来ました。

関連するページ
このページのキーワード。関連情報をチェックできます。
健全度調査 , 地中レーダー探査 , 橋梁調査 , 鉄筋探査

お問い合わせ電話番号は 047-470-8550(代表)・お問い合わせフォームはこちら

バッテリー式コア削孔。発電機不要のコンパクトなコアボーリングマシンを自社開発。

ジオメンテナンスが選ばれる理由