バッテリー式コア削孔(その2) | 調査事例 | ジオメンテナンス株式会社 | 地中の調査(物理探査・空洞調査)のスペシャリスト。最先端の調査技術とノウハウで多様な調査ニーズに迅速に対応。 | 千葉県習志野市

文字の大きさ

バッテリー式コア削孔(その2)

バッテリー式コア2_本文今回は、導水路トンネル内での圧縮強度試験用コア採取におけるバッテリー式コア削孔の事例です。

調査対象

導水路トンネル 延長8km 幅2m 高さ2.5m。

使用した調査手法

  • バッテリー式コア削孔(自社開発 実用新案取得済)

調査結果


 延長8kmの導水路トンネル内作業のため、発電機が使用出来ない条件でした。
このため、自社開発のバッテリー式コア削孔を採用して頂き、圧縮強度試験用コア(φ100m L=200mm)を約500m間隔で計18箇所採取しました。
導水停止期間の制約があったため、コア採取班と復旧(孔埋戻し)班の2班体制とし、5日間の工程で無事完了する事が出来ました。
この新技術は実用新案取得済みです。

バッテリー式コア2_削孔状況 バッテリー式コア2_補修後
削孔状況 補修後
関連するページ
このページのキーワード。関連情報をチェックできます。
コア削孔 , トンネル , バッテリー式コア削孔 , 導水路

お問い合わせ電話番号は 047-470-8550(代表)・お問い合わせフォームはこちら

バッテリー式コア削孔。発電機不要のコンパクトなコアボーリングマシンを自社開発。

ジオメンテナンスが選ばれる理由