豆板(ジャンカ)の調査 | 調査事例 | ジオメンテナンス株式会社 | 地中の調査(物理探査・空洞調査)のスペシャリスト。最先端の調査技術とノウハウで多様な調査ニーズに迅速に対応。 | 千葉県習志野市

文字の大きさ

豆板(ジャンカ)の調査

ジャンカ調査_本文今回はコンクリート内の豆板(ジャンカ)の状況を把握するため、地中レーダー探査(高周波)を用いた調査事例です。

調査対象

コンクリート構造物全般。

使用した調査手法

  • 地中レーダー探査(高周波)

調査結果

ジャンカ調査画像 地中レーダー探査のアンテナ周波数は400MHz前後が有効ですが、このアンテナ周波数を上げることによりレーダー波の精度(調査精度)を上げ、
より細かい変化を捉えることによりコンクリート内の豆板(ジャンカ)の有無や広がりを把握する事が可能となりました。

コンクリートの表層剥離等の防止に有効な探査手法です。

関連するページ
このページのキーワード。関連情報をチェックできます。
コンクリート構造物 , 地中レーダー探査 , 豆板

お問い合わせ電話番号は 047-470-8550(代表)・お問い合わせフォームはこちら

バッテリー式コア削孔。発電機不要のコンパクトなコアボーリングマシンを自社開発。

ジオメンテナンスが選ばれる理由