弾性波・速度検層 | 調査手法 | ジオメンテナンス株式会社 | 地中の調査(物理探査・空洞調査)のスペシャリスト。最先端の調査技術とノウハウで多様な調査ニーズに迅速に対応。 | 千葉県習志野市

文字の大きさ

弾性波・速度検層

弾性波・速度検層「弾性波・速度検層」とは、ボーリング孔内に受振器(ハイドロフォン)を設置した状態で、構造物のコンクリート面または杭自体をハンマーで打撃し、弾性波動を発生させ、孔中受振器でその波を観測することで、構造物基礎杭の根入れ深度を把握することのできる従来型の探査方法です。

「ボアホール・レーダー探査」、「磁気検層」を併用することで様々な調査目的へのアプローチが可能となります。

弾性波・速度検層対象構造物上部のコンクリート面を打撃した時に発生した波動はPC杭体を伝播し、杭体を抜けた後は地盤を伝播することから、走時曲線の変曲点を両者の境界として評価し、杭などの根入れ深度を決定します。

利用シーン

  • 杭調査

調査対象物

  • 基礎杭
  • 構造物のコンクリート面

仕様

制御部
入力インピーダンス 20KΩ(差動)
利得 256倍 / 1024倍
周波数帯域 10Hz~4600Hz
A/D分解能 18ビット
サンプリングレート 25 / 50 / 100 / 200 / 500 / 1000 / 2000μsec
メモリー長 1024ワード / 2048ワード
プリトリガー 0 / 128ワード
トリガーレベル 100~1000mV設定可能(100mVステップ)
成分数 24ch+AUX1ch
システム総合
CPU i486
ディスプレイ 640×480LCD、10.4インチ
フロッピー 3.5インチ(MS-DOS形式 720KB/1.44MB)
内蔵HDD 1.2GB、最大256ファイルを同時収録
インターフェイス
  • パラレルI/F(外部プリンター用)
  • 外部キーボードI/F(装置メンテナンス用)
外形 (W)330×(H)280×(D)220mm 約8Kg
電源 CD12V,3A max
関連するページ
このページのキーワード。関連情報をチェックできます。
基礎杭 , 弾性波・速度検層 , 杭調査 , 構造物のコンクリート面

お問い合わせ電話番号は 047-470-8550(代表)・お問い合わせフォームはこちら

バッテリー式コア削孔。発電機不要のコンパクトなコアボーリングマシンを自社開発。

ジオメンテナンスが選ばれる理由