残置杭の杭長調査 | 調査事例 | ジオメンテナンス株式会社 | 地中の調査(物理探査・空洞調査)のスペシャリスト。最先端の調査技術とノウハウで多様な調査ニーズに迅速に対応。 | 千葉県習志野市

文字の大きさ

残置杭の杭長調査

残置杭調査_本文磁気検層と速度検層を組み合わせ、基礎杭が地面内に残置された杭の長さ確認をした記録のご紹介です。

調査対象

残置基礎杭。

使用した調査手法

  • 磁気検層(鉛直磁気探査)
  • 速度検層

調査結果

残置杭調査_画像 解体された建屋に使われていた基礎杭の長さの確認です。

敷地は更地になっています。
杭頭を出してもらえたため、磁気検層と速度検層を実施しました。
磁気検層は杭内部にある鉄筋が作る磁界に反応します。
速度検層は杭を直接打撃して、杭の伝わる振動の速度と杭を抜け地面を伝わる速度の違いで杭端を判断しています。

関連するページ
このページのキーワード。関連情報をチェックできます。
基礎杭 , 杭長調査 , 残置杭 , 磁気検層 , 速度検層

お問い合わせ電話番号は 047-470-8550(代表)・お問い合わせフォームはこちら

バッテリー式コア削孔。発電機不要のコンパクトなコアボーリングマシンを自社開発。

ジオメンテナンスが選ばれる理由