小口径ボアホール・カメラ | 調査手法 | ジオメンテナンス株式会社 | 地中の調査(物理探査・空洞調査)のスペシャリスト。最先端の調査技術とノウハウで多様な調査ニーズに迅速に対応。 | 千葉県習志野市

文字の大きさ

小口径ボアホール・カメラ

小口径ボアホール・カメラ「小口径ボアホールカメラシステム(BIP-mini)」は主に道路下の空洞を観察するために開発された360°展開画像を取得できるボアホール・カメラシステムです。

コア抜きで削孔した後、孔内無水の状況で深度2~3m程度までであれば従来のボアホールカメラに比べ簡易的に計測が可能です。

小口径ボアホール・カメラ

利用シーン

  • 孔内観察

調査対象物

  • 道路

仕様

小口径ボアホールカメラユニット
  • 寸法、重量: 径:Φ36mm、長さ:1500mm、2.5Kg
  • 動作環境: -5℃~45℃
  • 照明: 白色LED 18灯
  • カメラ: 画素数:38万画素、レンズ:焦点距離f1.9
延長アルミロッド 寸法、重量: 25mm×25mm、長さ1500mm、500g
制御ユニット
  • 寸法、重量: W:240mm、D:210mm、H:82mm 3.0Kg
  • 動作環境: -5℃~45℃(結露なきこと)
  • 電源: AC100V~240V Max1.5A
昇降機
  • 寸法、重量: W:270mm、D:315mm、H:570mm 12.5Kg
  • 動作環境: -5℃~45℃(結露なきこと)
関連するページ
このページのキーワード。関連情報をチェックできます。
孔内観察 , 小口径ボアホール・カメラ

お問い合わせ電話番号は 047-470-8550(代表)・お問い合わせフォームはこちら

バッテリー式コア削孔。発電機不要のコンパクトなコアボーリングマシンを自社開発。

ジオメンテナンスが選ばれる理由