ボアホール・カメラ | 調査手法 | ジオメンテナンス株式会社 | 地中の調査(物理探査・空洞調査)のスペシャリスト。最先端の調査技術とノウハウで多様な調査ニーズに迅速に対応。 | 千葉県習志野市

文字の大きさ

ボアホール・カメラ

ボアホール・カメラ「ボアホール・カメラ」を使用すると、岩盤内に存在する不連続面の分布状況を観察、不連続面の走向・傾斜を測定でき、亀裂の開口程度や亀裂面の状況の分類が可能です。

空洞の存在や地質状況を鮮明な画像で詳細に観察できます。

ボアホール・カメラプローブに内蔵されたCCDカメラと曲面ミラーにより孔壁360度展開画像を取得でき、磁気方位センサーで常にプローブの姿勢と向きを記録、画像として捉えた不連続面の走向・傾斜を画像記録により算出することができます。

孔内水の有無に関係なく測定が可能で、孔壁が軟弱で崩壊の恐れがある場合には、あらかじめ透明なアクリル管を挿入しておくことで測定が可能となります。
測定で得られた画像から岩盤の状況を観察し、確認できる不連続面全てを状態別に分類するとともに、不連続面の走向・傾斜を求める。ステレオネット法等により不連続面全体の走向・傾斜を求め、またその分布状況をグラフに表します。

ボアホール・カメラボアホール・カメラ

ボアホール・カメラボアホール・カメラ

利用シーン

  • 孔内観察

調査対象物

  • 橋梁
  • 法面
  • トンネル
  • 導水路

関連するページ
このページのキーワード。関連情報をチェックできます。
ボアホール・カメラ , 孔内観察

お問い合わせ電話番号は 047-470-8550(代表)・お問い合わせフォームはこちら

バッテリー式コア削孔。発電機不要のコンパクトなコアボーリングマシンを自社開発。

ジオメンテナンスが選ばれる理由