ドリル削孔 | 調査手法 | ジオメンテナンス株式会社 | 地中の調査(物理探査・空洞調査)のスペシャリスト。最先端の調査技術とノウハウで多様な調査ニーズに迅速に対応。 | 千葉県習志野市

文字の大きさ

ドリル削孔

ドリル削孔「ドリル削孔」は、地中レーダー探査等で空洞・ゆるみの反応のある位置において行い、実際に空洞の有無を確認するとともにレーダー探査の深度補正の基礎データを取得することを目的としています。

ドリル削孔ハンマードリル削孔でのドリル削孔径はφ22mm、最大削孔長は1.2mです。

利用シーン

  • 空洞調査
  • 埋設物調査
  • 埋設管調査
  • 目視調査
  • 穿孔調査
  • 法面状況調査調査
  • トンネル調査
  • 導水路調査

調査対象物

  • コンクリート構造物
  • 法面
  • トンネル
  • 導水路

関連するページ
このページのキーワード。関連情報をチェックできます。
トンネル調査 , ドリル削孔 , 埋設物調査 , 埋設管調査 , 導水路調査 , 法面状況調査調査 , 目視調査 , 空洞調査 , 穿孔調査

お問い合わせ電話番号は 047-470-8550(代表)・お問い合わせフォームはこちら

バッテリー式コア削孔。発電機不要のコンパクトなコアボーリングマシンを自社開発。

ジオメンテナンスが選ばれる理由