新型レーダー探査器(空洞調査、埋設物探査) | 調査手法 | ジオメンテナンス株式会社 | 地中の調査(物理探査・空洞調査)のスペシャリスト。最先端の調査技術とノウハウで多様な調査ニーズに迅速に対応。 | 千葉県習志野市

文字の大きさ

新型レーダー探査器(空洞調査、埋設物探査)

assets_c_20140701_800_1.jpg

・短チャープ式レーダー探査

 従来のパルスレーダー探査(探査深度3m)よりも深部の情報を把握することを目的として開発された新型のレーダー探査器です。
 探査深度を従来よりも1.0~1.5倍程度(地質・地盤状況により変動)目標に開発された機械です。

 用途として空洞調査、埋設管調査、埋設物調査など高精度を求められる地下探査が中心となります。


見取図

測定状況


反射画像図

定格・性能

関連するページ
このページのキーワード。関連情報をチェックできます。
地中レーダー探査 , 埋設物調査 , 埋設管調査 , 短チャープ式レーダー探査 , 空洞調査

お問い合わせ電話番号は 047-470-8550(代表)・お問い合わせフォームはこちら

バッテリー式コア削孔。発電機不要のコンパクトなコアボーリングマシンを自社開発。

ジオメンテナンスが選ばれる理由