路面下空洞調査 | 調査ソリューション | ジオメンテナンス株式会社 | 地中の調査(物理探査・空洞調査)のスペシャリスト。最先端の調査技術とノウハウで多様な調査ニーズに迅速に対応。 | 千葉県習志野市

文字の大きさ

路面下空洞調査

路面下空洞調査「路面下空洞調査」とは地中レーダー探査で使用するアンテナを車両下に7つのアンテナ搭載し、時速30km/h~40km/hで路面下空洞を探査出来る調査のことです。

地中レーダーアンテナは写真の中型バスの後方・下に搭載され、探査時には道路1車線分を探査出来るように両側にアンテナを張り出した状態になります。
この探査車を利用することにより道路規制することなく短時間に長い区間の探査が可能となりました。

  • 探 査 深 度 :路面下1.5m
  • 平均探査速度:30km/h(最大40km/h)
  • 探査道路幅 :2.5m
  • 距 離 計 :レーダー記録とポジショニングデータに同時収録
  • カメラ撮影 :地図情報とリンクして撮影(前方1箇所、両側方向2箇所 合計3箇所)
地中レーダー探査車両での測定シーン
GPSデータ記録 地中レーダー探査記録(7アンテナ)
GPSデータ記録 地中レーダー探査記録(7アンテナ)

空洞調査・埋設物・埋設管調査における主な調査手法

地中レーダー探査

地中レーダー探査「地中レーダー探査」とは電磁波をアンテナから地下に放射し、その反射波を計測することで地下の空洞調査、埋設物・埋設管調査を迅速に行える探査方法です。

レーダアンテナは周波数350MHz~1500MHzの数種類があり、目的(空洞・埋設物・埋設管・遺跡など)によって使用するアンテナを変更し、最良のデータ取得を目指します。

地中レーダー探査について


関連するページ
このページのキーワード。関連情報をチェックできます。
地中レーダー探査 , 路面下空洞調査

お問い合わせ電話番号は 047-470-8550(代表)・お問い合わせフォームはこちら

ジオメンテナンスが選ばれる理由

日本地下探査株式会社のWebサイト

株式会社ダイムのWebサイト