地中レーダー探査 | 調査手法 | ジオメンテナンス株式会社 | 地中の調査(物理探査・空洞調査)のスペシャリスト。最先端の調査技術とノウハウで多様な調査ニーズに迅速に対応。 | 千葉県習志野市

文字の大きさ

地中レーダー探査

地中レーダー探査「地中レーダー探査」とは電磁波をアンテナから地下に放射し、その反射波を計測することで地下の空洞調査、埋設物・埋設管調査を迅速に行える探査方法です。

レーダアンテナは周波数350MHz~1500MHzの数種類があり、目的(空洞・埋設物・埋設管・遺跡など)によって使用するアンテナを変更し、最良のデータ取得を目指します。

地中レーダー探査地中レーダー探査

地中レーダー探査地中レーダー探査(導水路レーダー)

地中レーダー探査地中レーダー探査

利用シーン

  • 空洞調査
  • 埋設物調査
  • 埋設管調査
  • トンネル調査
  • 導水路調査

調査対象物

  • 構造物のコンクリート面
  • トンネル
  • 導水路

仕様

  多目的レーダシステム(MGPR-10)
アンテナ中心周波数 400MHz、800MHz、1500MHz
アンテナ形状
  • 400MHz (700mm×500mm×200mm) 7Kg
  • 800MHz (400mm×300mm×150mm) 3Kg
アンテナ指向性 ±45°
ケーブル長 36m
ADコンバータ分解能 12bit
データビット長 16bit
平均処理回数 256回
地関レンジ 10/20/30/60/120/240(切り替え式)
データ記録媒体 RAM→ハードディスク
画像表示階調 白黒256階調、カラー32階調
電源 AC100V or DC12V
重量 ノートパソコン+サポートユニット8Kg レーダ回路2Kg
データ処理 計測用ノートパソコン
標準データ処理機能 STC処理、フィルタ処理

アンテナ周波数と探査目的

アンテナ周波数 メーカー 探査深度 探査目的
350MHz 光電製作所 1.5-3.0m 空洞/埋設管/埋設物(廃棄物)
400MHz KOMATSU 1.0-2.0m 空洞/コンクリート背面/埋設管/埋設物
800MHz KOMATSU 1.0-2.0m 空洞/コンクリート背面/鉄筋探査/コンクリートジャンカ
1500MHz KOMATSU 0.2-0.5m 空洞/コンクリート背面/鉄筋探査/コンクリートジャンカ


関連するページ
このページのキーワード。関連情報をチェックできます。
トンネル調査 , 地中レーダー探査 , 埋設物調査 , 埋設管調査 , 導水路調査 , 空洞調査

お問い合わせ電話番号は 047-470-8550(代表)・お問い合わせフォームはこちら

ジオメンテナンスが選ばれる理由

日本地下探査株式会社のWebサイト

株式会社ダイムのWebサイト