空洞調査事例(その8) | 調査事例 | ジオメンテナンス株式会社 | 地中の調査(物理探査・空洞調査)のスペシャリスト。最先端の調査技術とノウハウで多様な調査ニーズに迅速に対応。 | 千葉県習志野市

文字の大きさ

空洞調査事例(その8)

空洞8_本文今回は造成地での地中レーダー探査による空洞の調査事例です。

調査対象

造成地。

使用した調査手法

  • 地中レーダー探査

調査結果

 造成地において地中レーダー探査による空洞調査を実施しました。
造成地は、土地を埋め立てたり、切り土・盛り土などを行い改良した土地である為、空洞が発生してしまう場合があります。

空洞8_画像 今回の調査で見つかった空洞は、もともと調整池に水を流していた場所を盛り土によって埋め立てた事により、吸出しという水の力により土がもれ出す現象が起こり、空洞が発生してしまったと推測されます。
 建築物が建つ前に調査を行い、空洞を発見することにより事故を未然に防ぐことができました。

関連するページ
このページのキーワード。関連情報をチェックできます。
地中レーダー探査 , 宅地 , 空洞調査 , 造成地

お問い合わせ電話番号は 047-470-8550(代表)・お問い合わせフォームはこちら

バッテリー式コア削孔。発電機不要のコンパクトなコアボーリングマシンを自社開発。

ジオメンテナンスが選ばれる理由