削孔調査 | 調査ソリューション | ジオメンテナンス株式会社 | 地中の調査(物理探査・空洞調査)のスペシャリスト。最先端の調査技術とノウハウで多様な調査ニーズに迅速に対応。 | 千葉県習志野市

文字の大きさ

削孔調査

穿孔調査「削孔調査」では、地中レーダー探査などで空洞・ゆるみの反応のあった位置に対し、ドリル削孔、コア削孔、簡易貫入試験を実施することで、実際の空洞の有無を確認したり、レーダー探査と併用することで、より精度の高いデータを取得することが可能です。
特に、空洞が確認された位置において「小口径ファイバー・スコープ」や「ボアホールカメラ」で空洞の状況を撮影することにより、空洞の規模の確認を行うことができます。

削孔調査における主な調査手法

ドリル削孔

ドリル削孔「ドリル削孔」は、地中レーダー探査等で空洞・ゆるみの反応のある位置において行い、実際に空洞の有無を確認するとともにレーダー探査の深度補正の基礎データを取得することを目的としています。

ドリル削孔について


コア削孔

コア抜き「コア削孔」とは、主にコンクリート護岸、法面、トンネル等でコアを採取し、コアの圧縮強度、弾性係数、中性化試験を行うとともに、コンクリート背面空洞の確認の際に有効です。

コア削孔について


ファイバー・スコープ

ファイバー・スコープ「ファイバー・スコープ」とは、コンクリート構造物の削孔完了後、コンクリート背面の空洞撮影を行うためのものです。
撮影はファイバー・スコープ、またはボアホールカメラを用いて行い、各孔の空洞状況を静止画で撮影します。

ファイバー・スコープについて


CCDカメラ(バリュースコープ)

破断状況CCDカメラ(バリュースコープ)」とは、コンクリート構造物の削孔完了後、コンクリート背面の空洞撮影を行うためのものです。

撮影はファイバースコープ、CCDカメラ、ボアホールカメラを用いて行い、各孔の空洞状況を静止画又は動画で撮影します。

CCDカメラ(バリュースコープ)について

関連するページ
このページのキーワード。関連情報をチェックできます。
コア削孔 , ドリル削孔 , 削孔調査

お問い合わせ電話番号は 047-470-8550(代表)・お問い合わせフォームはこちら

ジオメンテナンスが選ばれる理由

日本地下探査株式会社のWebサイト

株式会社ダイムのWebサイト