目視・打音調査 | 調査ソリューション | ジオメンテナンス株式会社 | 地中の調査(物理探査・空洞調査)のスペシャリスト。最先端の調査技術とノウハウで多様な調査ニーズに迅速に対応。 | 千葉県習志野市

文字の大きさ

目視・打音調査

目視調査このところコンクリート構造物(法面、トンネル、橋梁など)の劣化変状が社会問題となっております。

構造物の維持管理に欠かせない調査手法としては目視・打音調査・熱赤外線調査・穿孔調査があります。
これらの調査で、構造物のひび割れ、漏水、剥落・剥離、ジャンカ、目地ズレなどを観察、さらにレーダー探査を用いた空洞調査、コンクリートコアの圧縮強度および弾性係数を求めるなど、さまざまな調査を併用してコンクリート構造物の評価を総合的に実施することが求められております。

法面漏水


剥離・剥落目地ズレ

目視調査における主な調査手法

目視調査

目視調査コンクリート構造物のひび割れ、変色、湧水、剥落・剥離等をスケッチし、変状状況を把握します。

打音調査やレーダ探査による覆工厚調査・空洞調査を併用することにより構造物の健全度評価を行います。

目視調査について

打音調査

打音調査「打音調査」はテストハンマーでの打撃を行い、その反発音からコンクリート表面状況および劣化の深さ、コンクリート背面状況を判定します。

近年、コンクリート構造物の剥離・剥落・ジャンカの劣化状況が問題となっており、調査ニーズが高まっています。

打音調査について




関連するページ
このページのキーワード。関連情報をチェックできます。
打音調査 , 橋梁点検 , 目視調査

お問い合わせ電話番号は 047-470-8550(代表)・お問い合わせフォームはこちら

ジオメンテナンスが選ばれる理由

日本地下探査株式会社のWebサイト

株式会社ダイムのWebサイト